あなたに日々たくさんの幸運が訪れますように!

子育ての悩み 子育て 悩み

子育ての悩み−忙しい時に遊ぼうって言われると

子育ての悩み

子どもが「遊んで遊んで」とくっついてくると、自分の手が止まってしまうのでつい邪険にしてしまいます。というお悩みについて
 −−−

自分の仕事や家事の邪魔になると、イライラしてしまいますよね。

 それについて、てんつくマンという方の話で、勉強になったことがあります。

 ある子どもが、いつも「喧嘩しよう。」とてんつくマンに言ってきて、「喧嘩はダメだ、仲良くしないと」って言っても、てんつくマンを殴ってくるんだそうです。

 そんなある日、ゴミ拾いをしていると、
その子が「何してるんだ?」って聞いてきて、

「ゴミ拾いだよ。自分の街は自分達でキレイにしなきゃ。」
と言うと、

 最初は、その子がおもむろにゴミを拾ったので
「あ、素直に拾った」と思ったら、そのゴミを投げつけてきたそうです。

いろいろ遣り取りする中で、

でも、最後は一緒に拾うようになって・・。


次の日、その子は家にやってきて、
「今日はどこを拾うんだよ」と言ったそうです。

そして、二度と喧嘩しようとは言わなかったのです。

そのことがあって、てんつくマンは大事なことに気が付きました。


照れくさいけど、子どもは一緒に何かをやりたかったんです!

それを大人は、すぐに

「いい加減にしなさい!」と怒ったり、「これダメ。あれダメ」

と否定したり、拒否したりしてしまってはいなかったか?と。



もし、「喧嘩はダメだけど、野球ならやろう。他の遊びは?」

と、自分にできること、他のことを提案してみたら・・一緒に遊んでいたかも知れません。

この話を知って、

 子育てでも、忙しくしている時にしがみついて来た時、

つい「あっち行きなさい」「宿題したの?」と言ってしまいがちだと思ったんです。

 だから、できるだけ自分のできる範囲で提案をして

「じゃあちょっと、ニンジンの皮を剥いてくれる?」とか、「一緒にお洗濯しようか」と子どもにも参加させてもいいかも知れません^^

「まあ〜ありがとう。お母さん助かっちゃった」と褒めてあげることで、子どももニッコリ。

 次は率先して、「今日は洗濯物ないの?」と言ってくるかもしれません。


確かに「遊ぼう」と言う言葉の選択肢しか、知らないもので・・

子どもの一緒に何かをしたい信号をキャッチしてあげて、
お互いができることを一緒に考えてみてはいかがでしょうか?^^


子育てが楽になる!親力4コマアドバイス
ストレス解消 自己暗示 | 読者 | 更新情報
コメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151893031
※承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。