あなたに日々たくさんの幸運が訪れますように!

あがり 緊張 自己暗示 方法

あがり・緊張を解消する自己暗示法

緊張・あがりを解消する方法

人前に出ると緊張してしまう、というお悩みについて

自分でできる自己暗示法をご紹介


★あがり・緊張のメカニズム

基本的に、あがり、緊張の状態は
自分がうまく話そう。うまく説明しよう。
うまく振る舞おうとすることから症状が出ています。

なので気負いしたり、結果を気にしすぎると、かえって気後れしてしまうので、
自分のかっこうを気にし過ぎず、

他の人をスムーズにサポートしてあげよう。と
脇役に徹する気持ちを持つことで、気持ちにゆとりができ楽になることも多いようです。

私は、社会人になりたての頃は必要以上に自意識が過剰でした。ふらふら

でも、自分が考えているほど 人は自分のことを見ていないんだな・・
って思うようになってから、だいぶ楽に話せるようになりました。
今思うと、自分でバカだなって笑えますけど、

「そんなに自分が気にするほど人は見てない見てない。芸能人じゃあるまいし」
って思うと、いつもの自分に戻れるような気がしますわーい(嬉しい顔)


★あがり・緊張を解消するリラックス法

一番大事なのは深呼吸です。
また、
体の一部に意識を向けることもオススメです。

気になるとどうしても、
自分の緊張状態や声の震えに意識が集中してしまいがちです。

不眠の時に寝ようとするのが逆効果なのは、
寝ようと意識することで脳が余計に興奮状態になるからだそうです。

なので例えば・・体の他の場所「お腹を柔らかくする」「目を柔らかくする」ことに意識を向けることも
あがり・緊張の興奮状態から脱出する一つの手だてです。

ヒプノのセッションでもリラックスしていく時に
力を抜いていったと思いますが、その要領で柔らかくしてみてください。


★あがり・緊張を解消する自己暗示の方法

人はそれほど自分のことを気にしてない
大丈夫、大丈夫・・
と自己暗示で繰り返していくことで気分がスッと楽になります


★あがり・緊張解消の本番までの事前準備

緊張・あがり症の人は ほとんどの場合、スピーチや発表を
やる前から悪いイメージで考え過ぎています。

もし失敗したら・・もし声が震えたら・・どう思われるかなと、
考えるほどに余計に良い結果も望めなくなっちゃいます。

 そのことを考えるくらいなら、スピーチの練習をしてみましょう。
もしまだ話す内容が決まっていなければ、本を口を開けて読んでみるだけでも
話す練習になると思います。

 自己暗示で大丈夫と思えるのも、日頃の練習の自信からくるものだと思います。


★あがり・緊張解消の裏技

・アロマテラピーであがり・不安・緊張などの気持ちが楽になる方法もあるそうです。




ハンカチにラベンダーを1滴垂らして時々嗅ぐと
気持ちがリセットされるそうです。

・あがり・緊張の解消法で
耳栓を付けてみる方法もあります。
話す時に片側だけ耳栓を付けておくと、自分の声も確認しながら、
相手にもはっきり聞こえる声が出ます。
耳にふたをすることで、妙な安心感もあるそうです。


いくつかご紹介してみましたが
自分に合ったあがり・緊張の解消法が見つかると良いですねぴかぴか(新しい)



あがり症・口ベタ・話しベタをなんとかする「とっておきの話し方」




【緊張・あがりの悩みの最新記事】
ストレス解消 自己暗示 | 読者 | 更新情報
コメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。